荷物を減らして安く引越すのが主流の方法?

dentaku

最近の引越し方法の一つとしてメジャーになってきているのが、運搬の難しい荷物のみを業者に依頼するという節約方法です。

 

慣れていないと運搬や搬出、搬入が難しい大型家具や重量のある家電だけを移動してもらう方法ですね。

 

引越し料金は使用するトラックのトン数+距離で基礎運賃が決まる為、ここを下げる為にこの方法を利用します。

 

対象者でいえば、同市内のような近距離の引越しで、比較的、時間に余裕のある方であれば視野に入れて下さい。

 

料金が安くなるので、需要が増えてきており、業者も特殊なプランを展開しています。

 

クロネコヤマトのラクラク家財便であったり、ダック引越センターの家具のみプランというのもあります。

 

ただし、荷物を分けて別々の業者に依頼する方法は、結果的に割高になってしまうのでご注意ください。

 

たとえば、冷蔵庫はヤマトに依頼して、他の荷物は引越し業者に頼んでしまうといった方法です。

 

また、慣れていないと運搬が難しいのは、洗濯機や冷蔵庫など重量があり、かつ横に寝かせて運べない家電類です。

 

 

下手な運搬をすると内部故障につながり、引越し後に正常に動かなくなったり、寿命を短くしてしまう原因になります。

予算さえ折りえば、業者に頼む方法も視野に入れて下さい。

 

もし、この家電の料金目安を調べるには下記サイトを活用して下さい。

 

 

『冷蔵庫と洗濯機だけの引越し料金っていくら?』
引越し計算機.com

また、設置料金は運送業者の場合では、別途必要になりますが、引越し業者の場合ではサービスで行ってくれる業者がほとんどなので、運賃と設置料金を合わせた料金で比較を行う事も重要です。

 

荷物の梱包や保証内容も契約前に確認をしておきましょう。

About the author