引越し料金の仕組みはどこも同じ、しかし比較すると変わる。

osaifu

 

引越し料金は大抵の業者で、その仕組みは同じようなものです。

 

下見で運び出す荷物の量をおおよそ把握した上で、使用するトラックの大きさを決めることになります。

 


そのトラックのサイズと作業に携わる人の人数が基本の料金となります。

それに加えて様々なオプションやエアコンの付け替えなどの追加料金が発生することになります。

 

 

荷物の量がトラックのサイズがワンランク上になるかどうか微妙な時は判断に迷うものです。

 

運びきれないものを自分で運べれば良いのですが、宅配を利用するとなるとそれなりに費用がかかるものです。

 

その兼ね合いを計算して小さめのトラックにするか否かを決めることがポイントとなります。

 

 

また、不要なものは極力運び出す前に処分する必要がありますが、年度末の引越しシーズンは粗大ゴミの予約が埋まっていきます。

 

そのために早めに予約を入れておくことが必要となります。

 

 

さらに業者によっては、以前に一度利用したことがあれば割引きしてくれるところがあります。

 

実はこれは一般に周知されていないことがあります。

 

 

もし以前にも利用したことのある引越し業者に依頼するのであれば、一言伝えておくことも必要です。

 

 

また、個人で経営している町の不動産屋が仲介しているような場合、かなり安く引越し業者を紹介してくれることがあります。

About the author